ボストンテリアLulu日記 (パリでワンコと暮らす)

My name is Lulu. I'm 11 years old boston terrier.

ルル、ドイツに行く(感想と動画)

moblog_fe5f4b60.jpg 
ルル: ん?私、旅行なんて行きましたっけ?
yuko:   いやいやいや、一緒に行きましたよ、覚えてない?
・・・というくらいどこに行っても余裕のルル
緊張や疲れで体調を壊したことも今まで1度もなく、にほいパトロールのアホアホ以外は本当に良い子です
ルーちゃん、一緒に行ってくれてありがとね!

【ワンコと一緒の旅について】
 実は日本ではルルを連れた泊りがけ旅行は、1度しか行ったことがありません(ブログにはUpしてない)
 あとは、主人の実家に年1〜2回お泊りに行く程度、他は週末にちょこちょこ遊びに行ったりお買い物に一緒に行ったり
 そしてそれら殆どが車での移動
 日本ではそんな生活をしていたので、今回は結構考えることが多くて・・・
 旅行に行く時に決めなきゃいけないこと、沢山あります
 基本中の基本は下記5点
  ①ペットホテルに預けて人間だけで旅行する?
  ②一緒に行ける場所だけを選んで行く?
  ③ペットが入れない場所はホテルでお留守番していてもらう?
  ④入れない場所は家族が交代で入場する?
  ⑤旅先でお留守番をさせるくらいなら最初から行かない? ・・・などなど 
 色々悩みどころもありましたが、一緒にお出かけできて良かったです
 また、情勢が不安定な中無事に帰ってこられたこともありがたく感じています

【ホテルについて】
 ヨーロッパのホテルはワンコOKが非常に多いので泊まれない心配はありません
 私の場合は、Booking.comでワンコOKのホテルに絞りました
 料金はまちまちで、表示されていないため後から電話がかかってきたホテルもありました
 民宿ならもしかしたらブランケットとか水飲みとかの用意もあるかもしれませんが、
 今回の旅では一切ありませんでしたので、身の回りのものは全て持って行きました(ハムハムも持参(笑))

【電車について】
 フランスもドイツも、わんこには寛容です
 座席に座っても何の文句も言われないのが素敵です(逆に犬嫌いの人には気の毒としか言いようがないです汗)
 とはいえ、一応ブランケットを敷いた上に座らせました
 今回1等2等席両方乗ってみての感想ですが、ルルサイズのワンコ連れならやはり一等席が快適と思いました
 チワワとかヨーキーなら2等でも余裕かな ちっちゃいし軽いから
 大型犬なら2等席で子供料金を払って、どか〜んと座るのも手だと思います
 実際ラブラドールが飼い主さんの隣の座席に座っているのも見たことがあります
 犬も人間も快適に過ごしたいですね
  
【動画】
 いくつかアップしました
 景色メインなのでルル氏はあまり写っていません・・・
 
スポンサーサイト

  4. お出かけ、旅行

0 Comments

Leave a comment