FC2ブログ

パリの動物病院(英語の通じる動物病院リスト)

3つ目の病院をupdateしました!
2017年からは3)に通院しています。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - -


日本の多くの動物病院と違い、パリでは受診の際予約が必須です。
そして獣医師が英語を話せても、
予約の段階でやり取りする受付の人が英語を話せないケースが結構ありました。

【診察してもらうには?】
  診察には予約が必要です。
  日本の多くの病院のように飛び込みで順番待ちという事はありません。
  電話かHPからアクセスしましょう。

【実際に行ってみた時のブログ記事はこちらから】

  myrthen.blog79.fc2.com/blog-category-8.html

【英語の通じる動物病院】
  ※16区周辺の病院となります。

  1) Clinique Vétérinaire Amivet
     メインのドクターとサブのドクターがいますが、二人とも英語OKです。
   受付は話せる人と全く話せない人がいます。
   話せない人だったら他の人に代わってくれるかも。
   

  2Dr Sophie Bismuth - Clinique Vétérinaire
   フランス人に紹介してもらった英語の話せるドクター。
   2016/12/30に急遽診てもらいました。
   ブローニュ=ビヤンクールという16区すぐ下の町です。
   1)の先生方より英語が流暢で、積極的な治療を提案して来ます。
   

  3) Clinique Vétérinaire VET'16-Paris 16ème
        2016.11月にオープンした新しい病院。
   駅からすぐ。
   受付の子も英語OKです。
   



------------------------------------------------------------
images.png
スポンサーサイト
Admin
Posted byAdmin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply