ボストンテリアLulu日記 (パリでワンコと暮らす)

My name is Lulu. I'm 11 years old boston terrier.

【病院】歯科受診、パリの歯医者さん

IMG_8158.jpg 

受診経緯

 たまに現れる歯茎痛・顔面・頭痛に悩まされています
 歯茎から顔面がとにかく痛くてよく眠れないくらいになります
 日本では歯茎痛が一番ひどいので歯科受診をしていました
 もしかしたら知らない間に虫歯かもしれないし・・・とか
 歯石が溜まっているのかも?とか歯周病なのかも?と考えていたからです
 とりあえず歯石を取ってもらい、他には問題なく痛み止めと抗生物質を処方されるとそれで治っていました
 今回フランスでもこの症状が出てしまい、とにかく歯茎と顔が痛いので歯科へ
 パリでは日本語が話せる、または通訳がつく歯科がいくつかありますが評価がまちまち
 同じ歯科医に対して、最高!の人もいれば最悪!という評価がついていたり、
 治療費が高いです!インプラントを勧められます!詰め物がすぐ取れてしまう!などなど。。。とにかく不安要素いっぱい
 これは駐在や留学生に限った問題ではなく、フランスに長く暮らしている方でも歯科医選びは大変だそうです

Cabinet Dentaire du Pont de Sèvres (Dr.Larrar)
 今回は主人の会社の方が受診したことがあるという歯科を受診しました
    下記リストの歯科医師がオフイスを共有している感じのです
 パリではなくブローニュ=ビヤンクールですが、16区に隣接しています
 こちらは有料で日本人通訳が付きますが、私は緊急で入った為英語の話せるドクターを担当にしてもらい通訳はなし
 詳細は下記の通り(在仏日本大使館HPより引用)
 ララール医師は英会話OKです
 ほだん 
 最寄駅:メトロ9番線 Ponte de Sevresから徒歩で2分くらい
 予約方法:日本語専用受付から日本語で予約ができます
      とても感じの良い方で親切にしていただきました
 支払方法:クレジットカードOK

 待合室で問診票を書きますが、リビングルームみたいでリラックスできます
 そしてありがたいことに問診票も日本語版がありスムーズに記入することができます、素晴らしい
 moblog_0dc48106.jpg 

受診してみた感想
 私の場合は、とにかく電話受付の方の対応がとても感じが良かったので安心できました
 必要書類への記入や作成もやってくださいますのでとても楽です
 担当したララール医師もちゃんと英語でやりとりできますので、コミュニケーションは問題なく
 診察も丁寧でした
 今の所?問題なし
スポンサーサイト

  1. フランスのこと

0 Comments

Leave a comment