ボストンテリアLulu日記 (パリでワンコと暮らす)

My name is Lulu. I'm 11 years old boston terrier.

【病院】アメリカンホスピタル L'Hôpital Américain de Paris

パリ近郊の外国人の駆け込み寺 L'Hôpital Américain de Paris (仏名 ロピタル・アメリカン)に行ってまいりました
内科・皮膚科には日本人医師がおり、それ以外の科でもチェックイン時に通訳をお願いすれば
日本人スタッフが来てくれます


アメリカンホスピタル
   HP:    
http://jp.american-hospital.org
  住所:   63 Bd Victor Hugo 92200 Neuilly-sur-Seine

  Tel:     01 46 41 25 25(代表)
              01 46 41 25 15(日本人セクション 9:00~18:00)←予約はここから
              01 46 41 26 16(三村医師、内科・皮膚科)
 
 最寄駅:バス82番 Hopital Americain行きの終点
     目の前がすぐ病院になり、坂を上ったところに入り口&infoがあります
     ここが終点のため、帰りのバスは降りたところと同じ場所から出発します
     Taxi以外で行くとすると、バスが最寄りです
 予約方法: 日本人セクションより予約ができます
 通訳料:     無料
 支払方法:  現金・チェックのみ
 お店:         院内に売店とカフェ
 当日の流れ:   予約時に「xx番窓口に直接お越しください」と言われますので、指定された番号窓口へ
        →時間になれば呼ばれる 
        →診察
        →窓口にて支払い(日本のような会計課はないのでその場で支払う)


受診してみた感想
 今回私は耳鼻科を受診しましたが、なんというかテキトーな感じがしました
 担当はフランス人のおじいちゃん医師
 診察は2分くらいで、後の10分弱は処方箋を書いたり薬の説明だった
 私からの質問に関しても、既に彼の回答は1つなのでとにかく答えが早い
 え?レントゲンとか撮りませんの?診察それだけですか?・・・え?・・・はやっ
 あまりに早かったので通訳さんに、「あの・・・とても雑な感じがして心配なのですが」と言ってしまいました
 納得のできる診察をしてもらいたいという意味では、今回の受診は失敗
 次回何かあった際は、絶対に日本人医師(三村先生)に診察をお願いしようと思います
 とりあえず処方された薬を飲み様子を見ます 


後から気づいたこと
 ★処方箋★
  前日受診した歯科で出された処方箋を見せたのですが、1つ同じ薬が処方されました
  処方箋に載っていること自体は問題無いです
  ですが、買わなくてもいいものは教えて欲しい・・・
  薬のパッケージで気づいたので、薬剤師さんに昨日の歯科の処方箋を見せ買わずにすみました
  ちなみにフランスのお薬は服用日数に関係なく箱買いです
  例えば、3日だけ服用してくださいという薬でも一箱買わなくてはならない
  今回の処方箋は6種類だったので、すごい量の買い物となりました
 
 ★問診票がなかった★
  当日は初めてのことだらけで全然気にしなかったのですが、そういえば問診票がありませんでした
  ひどい(笑)、処方箋でアレルギー反応が出てしまったらどうするんでしょう??
  でも私のような仏語初心者レベルの外国人は他に行ける病院はないのでここに行くしかない
  次回がないことを願いますが、次回こそは良い先生に巡り会えますように
  本当は英語OKなホームドクターが見つかることが一番好ましいけどね・・・

 ★これからパリにいらっしゃる方へ★
  本投稿は【私が受診した耳鼻科】についての正直な感想です
  お国関係なく日本でもこの対応だったらもう行かないな
  もしロピタルアメリカンを受診される場合は内科の三村先生に診ていただくことをオススメします
  病気にならないのが一番ですが、日本でとことん予防・治療して来ることも大切です


IMG_8158.jpg  
スポンサーサイト

  1. フランスのこと

0 Comments

Leave a comment