ボストンテリアLulu日記 (パリでワンコと暮らす)

My name is Lulu. I'm 11 years old boston terrier.

【写真】マドレーヌ寺院(Église de la Madeleine)

マドレーヌ教会、通称マドレーヌ寺院 (フランス語:Église de la Madeleine)は、フランスの首都・パリ8区にある
聖女マグダラのマリア(Madeleineはフランス語で「マグダラのマリア」を指す)を守護聖人とするカトリック教会。
ブルボン朝末期に建設が開始され、フランス革命により中断。後に建設が再開されるとナポレオン1世の命令で
フランス軍戦没将兵顕彰に造営目的が変更され、1842年に完成。このときにはナポレオンが失脚したあとなので、
ルイ18世によってカトリック教会に用途が変更された。このためその外観は、以下に述べるようにキリスト教の教会
としてはかなり異例であるといえる。
外観はコリント式の高さ30mの柱が52本並べるなど古代ギリシア・古代ローマの神殿を模したネオ・クラシック様式
(新古典主義建築)である。 正面はアンリ・ルメール(英語版)作の「最後の審判」の彫刻に飾られ、銅の扉には
トリケッティ(Henri de Triqueti)による「十戒」をテーマにしたレリーフが施されている。
内部に入ると右側にプラディエ(w:James_Pradier)作の『聖母マリアの婚礼』像が、左側にはリュード(w:François Rude)作の
『キリストの洗礼』」像が安置され、主祭壇はマロチェッティ(w:Carlo Marochetti)らによる『聖マグダラのマリアの歓喜』
像で飾られている。
このように多くの美術作品で飾られているマドレーヌ寺院だが、建物内にはサル・ロワイヤル(Salle Royale=王室の間)
と呼ばれる部屋があり、現在は「イコン展」をはじめとする美術展など限られたイベントが実施されている。
ランチのみのレストランFOYER DE LA MADELEINEもあり、横から入ることができる。
アリスティッド・カヴァイエ=コルによって建造されたパイプオルガンは1849年に設置され、
現在のものは1923年に修復を受けたものである。歴代のオルガン奏者は著名な演奏家・作曲家で占められ、
その一人であるガブリエル・フォーレが「レクイエム」の初演を行ったことでも知られる。
引用:ウィキペディア



私、この教会が今の所パリで一番好きです
どうしてかはわかりません
そして、今調べたウィキ情報によるとフォーレのレクイエムの初演がここだったのね!!!
なんてことだ
今まで全く調べずに出かけていたけれどなんて罰当たりなことをして来たんだ
ばかばかばかっ
反省を今後に生かし、ウィキくらいは読んでから出かけようと思います
moblog_4caf29df.jpg 

moblog_c467324c.jpg 

moblog_6d32bda6.jpg 

moblog_ad7c9d82.jpg 

moblog_22340a33.jpg
 

moblog_faacc135.jpg moblog_1b613fc3.jpg 

moblog_622bfcd9.jpg
 moblog_37b2ff35.jpg

moblog_49ad92b6.jpg     moblog_2af938d4.jpg 

moblog_ab365d68.jpg 

この近くは高級ブティックや、ショコラティエ、日本のとらやなどがありショッピングも楽しめます
私の興味はダントツとらやですけどね
近くに来ると和菓子を買って帰りたくなります

スポンサーサイト

  1. フランスのこと

0 Comments

Leave a comment